Adecco:新しくウィンドウが立ち上がります


転職エージェントのアデコ


IT転職、面接の落とし穴

転職コラム:やり直しは効かない! 中途採用面接の失敗から学ぶ IT転職、面接の落とし穴 第1回 最終面接まで進めば、もう内定を取れたのも同然ですよね? 文・木口 衛(アデコ キャリアコンサルタント)

1/2 ページ


一次、二次と面接を通過した人とお話をさせていただくと、「最終面接まで進めば、もう内定を取れたのも同然ですよね?」と質問されることがあります。

書類審査、一〜二次面接と経て、あとは社長による最終面接を残すのみ。こうなると、すでに応募者の能力や適性に関する審査は終了しており、最終面接が経営トップから承認をもらうための単なる手続きになっている、という会社も少なくありません。

厳しい面接を乗り切って、あとは最終面接…

実際に、先方の採用担当者から「あとは社長と会っていただくだけの儀式のようなものですから」、「ウチの会社で、最終面接で落ちた人はいませんよ」などとはっきり言われることもあります。

とはいえ簡単に見えることほど、大きな落とし穴が待ち受けているもの。採用担当者が「内定間違いなし」と太鼓判を押していたのに、最終面接で落とされてしまうというケースは、けっして珍しくないのです。

ここで、特定派遣型のSIerでJAVAのエンジニアとして働く、緒方敏明さん(仮名)34歳の事例を見てみましょう。


緊張のあまり、自信のない発言をしたことが裏目に

大手銀行のシステム開発プロジェクトに参加するなど、金融系に強いソフトウェアエンジニアとして実績を積んできた緒方さん。上流工程へ挑戦し、マネジメントのキャリアを積みたいという希望から転職活動に踏み切ります。

これまで、二次請けや三次請けの立場で作業を担当してきた関係からリーダーやマネージャーの経験こそありませんでしたが、若いエンジニアを取りまとめ指導してきた経験や、高い技術力をアピールすることにより、IT系コンサルファーム会社のマネージャー職で、最終面接まで進むことができました。

この時点における緒方さんの評価は高く、現場のトップの方からも「ぜひ一緒に仕事をしたい」とのラブコールを受けるほど。

しかし、最終面接を担当した副社長の評価は「もういちど2次面接からやり直せ」という厳しいものでした。すっかり自信を喪失してしまった緒方さんは、本来の実力をアピールすることもできずに、そのまま不採用となってしまいます。


あとで先方の採用担当者の方に話をお伺いして分かったのですが、実は副社長にも緒方さんを落とす意思はありませんでした。

ところが「以前の会社でリーダーとしての経験はないようだが、本当に大丈夫なのか?」という副社長の質問に対して、緊張のあまり思わず「経験はありませんが頑張ります」という自信のない受け答えをしてしまったことが、問題視されてしまったのです。

自らの評価を下げる不用意なひと言に注意

これまで一次面接、二次面接という難関を突破してきたことで緒方さんの能力は十分に評価されているわけですから、ここはしっかり自信を持って「リーダーとしての資質は十分に持っていると自負しているが、これまでその機会を与えられなかった」などと答えるべきだったでしょう。

不必要に緊張してしまうと、想定外の質問に対してアドリブをきかせることができず、つい本音を漏らしてしまうことがあります。

最終面接だからといって身構えることなく、これまで評価されてきた自分の良さを、改めてしっかり伝えることが成功のポイントなのです。


  • PREV
  • 1
  • 2
  • NEXT

ITエンジニアの転職活動を強力にサポート

自分の今後のキャリアについて転職も視野に入れて考えているITエンジニアの方は、アデコのエンジニア専門のキャリアコンサルタントに相談してみませんか?  IT業界に精通したベテランのキャリアコンサルタントがお話を伺ったうえで、あなたのキャリアにとって最適な解決方法をご提案いたします。面接に自信のない方もお任せください。各企業の採用担当者を熟知しているコンサルタントが面接の事前アドバイスも行っています。プロのキャリアコンサルティングをぜひご体験ください。

アデコに登録:新しくウィンドウが立ち上がります


アデコに登録




  • mixiチェック