IT転職、面接の落とし穴

転職コラム:やり直しは効かない! 中途採用面接の失敗から学ぶ IT転職、面接の落とし穴 第3回 面接は完璧だったのに、『面接の場』以外での言動が原因で、落とされることなんてあるの? 文・藤田 孝弘(アデコ シニアコンサルタント)

1/2 ページ


「面接で失敗らしい失敗をしていないのに、不採用の通知を受けた」、「面接では明日にでも来て欲しいようなことを言っていたのに、蓋をあけてみれば、手のひらを返したように不採用」

書類選考をパスし、面接でも好感触を得ているのに、なぜか落とされてしまう。転職活動では時として、このような一見不可解なことが起こります。しかし、落とされるのには、それなりの理由はあるものです。

まずは、こんな事例からご紹介しましょう。

面接では十分な手応えを感じたものの不採用に…

独立系ソフトハウスでオープン系に強いSEとして活躍してきた田中さん。上流工程に進むことを希望して、某ユーザー系情報システム子会社への転職活動を開始します。

現在の会社におけるプロジェクトリーダーとしての経験や、高い技術力を評価され、最終面接に進むことができました。

事前に入念なシミュレーションを重ねてきたこともあり、面接では仕事に対する意気込みや自身のスキルを上手くアピールでき、十分な手ごたえを感じて会社を後にします。

ところが、数日後に届いたのは不採用の通知だったのです…。


採用条件とキャリアを見る限り、「落ちるはずのない」面接だった田中さん。実は、不採用となったのは、面接での失敗が原因ではありませんでした。

エレベーターの割り込みを面接官に見られてしまって…

田中さんは面接当日、準備に力が入りすぎてしまったためか、うっかり家を出る時間が予定より遅くなってしまいました。面接は午後1時から。なんとか、5分前には会社に到着しましたが、エレベーターは昼休み帰りで大混雑。

「次のエレベーターでは遅れる!」そう感じた田中さんは、混雑する中を強引に割り込み、ギリギリで面接に間に合いました。ホッと一息といったところですが、実は、田中さんが乗ったエレベーターには、面接を担当する重役が乗り合わせていたのです。

田中さんの一連の行動を見た重役は、「社会人としてのマナーや人柄に問題があるのでは?」。そう判断して不採用を決めたのでした。普段の田中さんであれば、きっとそのようなことはしなかったはず。

「運が悪かった」といえばそれまでですが、採用担当者の待つ部屋に入ってから出るまでの間だけが、面接のすべてではないのです。

志望先の会社に一歩入った時点で、すでにさまざまな人が見ているのです。そう意識して、もう少し緊張感をもっていれば、防げたことかもしれません。


  • PREV
  • 1
  • 2
  • NEXT

ITエンジニアの転職活動を強力にサポート

自分の今後のキャリアについて転職も視野に入れて考えているITエンジニアの方は、アデコのエンジニア専門のコンサルタントに相談してみませんか?  IT業界に精通したベテランのコンサルタントがお話を伺ったうえで、あなたのキャリアにとって最適な解決方法をご提案いたします。面接に自信のない方もお任せください。各企業の採用担当者を熟知しているコンサルタントが面接の事前アドバイスも行っています。プロのキャリアコンサルティングをぜひご体験ください。

アデコに登録:新しくウィンドウが立ち上がります


アデコに登録




  • mixiチェック