転職コラム:IT業界の転職、ウソ・ホント 転職にまつわる様々なウワサや疑問に、現役コンサルタントがずばり解答!

疑問その2

1/2 ページ


転職すれば給与は必ず上がりますか?

「キャリアアップのため転職を考えているのですが、内定が出た4社すべてで給与ダウンの提示を受け悩んでいます。転職を行う以上、給与アップは当然だと思うのですが、今回は見送るべきでしょうか?」

(27歳 プログラマー)


私がお答えします。

藤田 孝弘(ふじた・たかひろ)
アデコ株式会社 シニアコンサルタント

大学卒業後、人事系コンサルティング会社に就職。人材採用と教育・人事制度関連のコンサルティングに約10年間従事。その後、IT専門の人材サーチ会社にてITコンサルタントやSEを中心とした人材のコンサルタントを約5年経験。その後アデコに転職し現在に至る。これまでIT業界を中心に4,000名以上の方の転職支援を行っている。


必ずしも「転職=給与アップ」ではありません

転職によって必ず給与が上がるわけではありません。
転職するにあたり何を目的とするのか。それがスキルアップであれば、たとえ給与ダウンしても自分の目的に合った会社を選ぶべきといえるでしょう。


給与のアップが転職の成否ではない

図(1)

転職情報サイトなどで紹介される事例を見ると、確かに給与アップに成功しているケースが多く取り上げられています。

年功序列型の給与体系を持つ大企業の求人が多かった、かつてのITバブル期では「転職=給与アップ」をイメージする人も多かったようですが、いまや企業側もその人に何ができるのか、シビアに判断して給与を決める時代。将来的なキャリア形成や自分のやりたいことを優先して転職活動を行えば、希望額より低くなることも十分に考えられます。

したがって、質問者の方が誤解しているように転職すれば必ず給与が上がるとは限りませんし、逆に給与が下がったからといって、その転職が失敗だとも限りません。

給与の額は、転職にあたり「やりたいこと」と「できること」のどちらを重視するかによって決定されるといっても良いでしょう。そのことを具体的に示したのが図(1)です。ここでは弊社における転職事例を参考に、もう少し詳しく見ていくことにします。


まずは図(1)におけるAグループ(「やりたいこと重視」+「給与ダウン」)の例をご紹介しましょう。

たとえ給与がダウンしても将来のキャリアパスを考え、やりたいことにチャレンジ

年収600万→400万

5年前に、商社の営業マンからベンチャー系のWeb制作会社に転職した木内幸則さん(仮名)。
現在の会社では、システム開発マネージャとして10人の部下を率い、プロジェクト全体を統括する立場にあります。

ところが、エンジニアとしての基礎的な教育を受けた経験がないことから、会社の規模が大きくなるにつれて自身のスキルや開発経験と、業務における要求レベルにギャップを感じるようになります。

そこで将来のキャリアパスを検討し、開発の基礎を勉強し直すためエンジニアとしての転職を決断。約2カ月の転職期間を経て、技術力の高さで定評のある大手SIerから、エンジニア職のオファーを得ることができました。


結果はこれまでの年収600万円から、200万円の大幅ダウンとなる年収400万円に。とはいえ、自分の「やりたいこと」を実現し、キャリアパスにおける可能性を大きく広げるという意味では成功だったといえます。

木内さんのようにスキルアップを目的として転職を行う人は、企業側から見れば本来求めているスキルレベルを満たしていないということ。厳しいようですが、給与面では現状維持ですら難しいでしょう。

  • PREV
  • 1
  • 2
  • NEXT

ITエンジニアの転職活動を強力にサポート

自分の今後のキャリアについて転職も視野に入れて考えているITエンジニアの方は、アデコのエンジニア専門のコンサルタントに相談してみませんか? IT業界に精通したベテランのコンサルタントがお話を伺ったうえで、あなたのキャリアにとって最適な解決方法をご提案いたします。プロのキャリアコンサルティングをぜひご体験ください。

アデコに登録:新しくウィンドウが立ち上がります


アデコに登録




  • mixiチェック