Adecco:新しくウィンドウが立ち上がります


転職エージェントのアデコ


転職ノウハウ:円満退職のコツ 退職届(退職願)の書き方

退職届(退職願)の書き方

退職届(退職願)を提出しようとしている方、少し待ってください。
円満退社を希望する時に、一番労力と神経を使うのは、退職の手続きなのです。
扱い方を間違えますと、円満退社を妨げる結果となりますので、以下の点にご注意ください。
決して勢いに任せて叩きつけるなんてことはないようにしましょう。

  • 宛て名は社長でも、渡す相手は直属の上司です。まず口頭で報告してから、書類提出のタイミングや方法などの指示に従いましょう。
  • 必ず手渡しをしてください。机に置いたり、同僚に頼むなどの行為やメールや郵送するのは非常識です。
  • 上司に受け取ってもらえない場合は、人事に提出する旨上司に報告した上で直接人事部に提出します。
  • 問題が発生した場合は、法(労働基準監督署)があなたの味方です。

  1. 冒頭に「退職願」と書く。「退職届」でもかまいません。
  2. 最初の行の「私は」は一番下に書く。「私事」「私議」などに代えても可。
  3. 退職理由は「一身上の都合」とし、具体的な理由を書く必要はありません。
  4. 退職日時を明記する。
  5. 届出年月日は提出する日に合わせる。
  6. 自分の名前の前に正式な所属部課名を付け、捺印も忘れずに。
  7. 提出するのは上司でも、宛名は会社の最高責任者にする。「様」を忘れずに付ける。

退職届(退職願)のサンプルをダウンロード

下記より「退職届(退職願)」のサンプル(Word)をダウンロードいただけます。

関連コンテンツ



  • mixiチェック