ともに考え、答えを見つけ、一人ひとりを新たなステージへ。 Open the way to your future with our consultants. Adecco will thoroughly support you. 取引社数7,500社(2014年4月現在) 非公開求人80% 『購買』の転職なら転職エージェント アデコへ

あなたの価値、本当に企業へ伝わっていますか?

アデコのコンサルタントが、あなたと企業のベストマッチを創ります。

幅広い業界知識と紹介先に響くアピール戦略、そして強気の給与交渉。
アデコの専任コンサルタントが、
購買・物流・SCMのキャリアアップをサポートします。

CASE1 得意の語学力を生かして、グローバル購買に携わりたい。

中堅のゲーム機器関連会社で、コントローラやカバー、液晶フィルタ等の購買に携わっていた27歳の男性。得意の英語を生かせていないことに慢性的な不満を抱いており、転職活動では、「外資系企業でグローバル購買に携わりたい」という希望をお持ちでした。この時アデコがまずお伝えしたのは、「グローバル購買として活躍するなら日系企業を目指すべき」ということ。基本的に外資系企業の仕入れ先は国内にあることが多く、購買業務として英語を使う機会は非常に少ないのです。この点を踏まえ、担当コンサルタントは、日系のモバイル電子機器メーカーのグローバル量産購買職を提案。元々の業務が量産購買に近かったことから、異業界でもその経験が生きるとの判断でした。またこの時、アデコの独自情報としてお伝えしたのが、社内公募制をはじめ比較的キャリアの希望が通りやすいというリアルな社内事情。この方は将来的に開発購買に携わりたいという意向をお持ちだったこともあり、この会社であればキャリアパスも描きやすいとご納得いただきました。その後、面接対策や志望動機・自己PRの再構築を含む丁寧なコンサルを経て、無事内定。年収も450万から620万円の大幅増となりました。

CASE2 業績好調な異業界の企業へ購買職として転職したい。

昨今の製造業界では、業績好調な自動車業界の企業を中心に、他業界の購買経験者に対する採用ニーズが高まっています。例えば、ある大手電子部品関連商社の男性が勝ち取った外資系ティアワンへの転職は、おそらく以前の自動車業界では見られなかったケースです。しかもこの方は購買経験が2年弱と短く、さらに直近の職種が営業職という不利な条件からのスタートでした。この時アデコが着目したのは、この方の商社における営業の業務が、一般的な購買業務と非常に近いということ。担当コンサルタントは、エンジニアとの折衝や部品調達、サプライヤ開拓といった商社営業ならではの経験を全面に、この方を“購買的な動きに長けた営業”としてアピールしました。また購買の世界では、取引金額の大小が採用の指標となりますが、この方の場合、大手クライアントや大手仕入れ先との大規模な取引経験がプラス材料に。結果は、600万円から800万円への年収増を伴う、大幅な年収UPとなりました。このように、アデコの強みは、求職者のポテンシャルを丁寧に再構築し、そのスキルが異業界の紹介先企業でどのように生きるかを丁寧にプレゼンできる点。異業界への門戸が開かれている今だからこそ、求職者の本質に一歩踏み込んだアデコのコンサルタントが求められています。

CASE3 業績悪化に伴い年収が頭打ちに。自分を最も高く売り込んでくれるのは?

「購買の仕事にこだわりがある。しかし業界を変えたい」という声がよく聞かれます。その想いの背景には、企業の業績不振に伴い、年収が頭打ちになっているという切迫した事情があるようです。年収を引き上げたいという想いは、転職におけるもっとも大きな動機のひとつ。しかし他の転職エージェントでは、内定を取りやすくするために、面接等でミニマムの金額を提示するようにアドバイスされることが少なくないと聞きます。アデコのアドバイスはその逆です。面接等では、希望金額をひるまずしっかりとお伝えすることをお勧めしています。なぜなら私たちは、その金額を通すために、求職者のポテンシャルを丁寧に見極め、その妥当性を企業に粘り強く交渉することを大切な使命と考えているからです。50〜100万円アップの交渉で遠慮がちになる必要はありません。アデコなら、場合によって200万円アップの転職も夢ではありません

CASE4 SCMの世界に挑戦したいが、英語力に全く自信がない。

製造業を中心に、今や企業の成長戦略に欠かせないSCM。近年はアデコでも、SCM関連の転職事例が増えています。ただ一方では、語学力がネックとなってSCMの領域に踏み出せない方も多いようです。例えば、ある産業車両メーカーに勤務していた34歳の男性。生産管理と物流企画を中心に幅広い知識と経験をお持ちでした。当初希望されていたのはメーカー系のSCM職。しかし、SCMに求められるグローバルな業務に照らした時、その方の英語力は明らかに不足しているようでした。そこでアデコは、大手飲食チェーンの物流を一手に請け負う外資系物流会社を提案。職種は、国内における物流企画や需給予測、受発注管理、在庫管理等を手がけるマネジャー職で、食料品を扱っている関係上、非常に高度な数値管理が求められるポジションでした。希望のメーカーではありませんでしたが、ご本人は、限りなくSCMに近い領域を極められること、また英語が不要である点にメリットを感じてご納得。事業体へのこだわりを捨てたことで、希望された領域へのステップアップが実現しました。このように、語学力がない方でもSCMに近い領域に転職することは可能です。さらに転職先企業で経験を深めながら語学力を磨けば、真のSCM職へキャリアアップする道も見えてきます。

Message from the consultant HIROFUMI FUKUMA 福間啓文 専門・担当領域:SCM、購買、資材・調達、物流企画(製造業界、医療業界、IT業界)私立理系大学卒業後、精密機器メーカーにてソリューション提案営業を経験し、2001年にアデコへ入社。製造業界での経験を生かし、製造業・商社・物流業界で活躍するSCM、購買、ロジスティック職専門のキャリアアドバイザーとして1500人超の転職支援に関わる。自らの営業としての視点とコンサルタントとしての経験から、1人ひとりのニーズをくみ取り、的確な情報提供・アドバイスをすることを念頭に転職支援を行っている。CDA(Career Development Advisor)資格取得者

日本政策投資銀行がまとめた「設備投資計画調査」によると、全産業における2014年度の海外設備投資額は前年比2.0%増となっており、5年連続の増加ながら大幅な鈍化が見られました。もっとも中期的な国内外の供給バランスについては、70%以上の企業が海外強化の方針を打ち出しており、日系企業のグローバル化があらためて浮き彫りになった印象です。

このような中、製造業における資材調達は、韓国・中国・タイ・インドネシアといったLCC(Leading Competitive Countries)に集約されつつあります。アデコの実績では、英語・中国語・韓国語を要件とするグローバル購買職に高い採用ニーズが見られ、とくに新規サプライヤ開拓やエンジニアとの折衝に長けた経験者に大きな期待が寄せられています。また最近は、国内生産を再評価する動きも出始めていることから、国内の購買職における採用ニーズも高まっています。

一方で、かつてローカル組織の集合体といわれた日系グローバル企業は、近年の新興国市場の拡大に合わせ、グローバルサプライチェーンの最適化を急いでいます。例えば、マーケティングやセールス機能を国別にローカライズしながら、その他の機能をグローバルに統合していくといった動きです。モノの流れは非常に複雑化しており、中国とインドネシアで調達した部品をタイの工場で組み立て、それを世界中に輸出し販売するといったモデルは当たり前になっています。企業は今、こうした動きを下支えする人員の確保を急務としており、SCMの分野で活躍したい方にとっては非常に有利な状況が続いています。

アデコでは、業界のマクロとミクロを捉えた質の高い情報を元に、求職者と企業を直接つなぐ確度の高いマッチングを行っています。企業活動における注目分野で理想のキャリを構築するために、是非、アデコをご活用ください。

転職成功事例(購買) 27歳:男性(私大工学部卒)ゲーム関連機器メーカー(年収:450万) モバイル通信機器メーカー グローバル量産購買(年収:620万)年収170万円UP 29歳:男性(国立大工学部卒)大手電子部品関連商社 営業(過去に購買経験2年)(年収:600万) 外資系ティアワン購買(年収:800万)年収200万円UP   34歳:女性 (私立理工学部卒)産業用車両メーカー 生産管理・物流企画(年収:540万) 外資系大手物流会社 物流企画、需給予測、受発注・在庫管理(年収:550万)年収10万円UP

無料登録はこちら

希望条件をお聞かせください。ベストな企業が見つかるはずです。

アデコがおすすめする有名・優良企業の求人情報をご紹介。他にも好条件の非公開求人が多数あります。

取引社数7,500社(2014年4月現在) 非公開求人80%

無料登録はこちら

アデコのコンサルタントはここが違います。

大手転職エージェントにはないメリットがあります。

  • Reason1 あなたの専門分野に精通したコンサルタントが担当し、徹底サポート。
  • Reason2 企業人事と直接やりとりしている為、他では伝えられない“受かる”秘訣をご案内。
  • Reason3 内定までがゴールではない。給与UP、環境、やりがい、あなたの未来を見据えた最適なキャリアプランをご提案。

アデコのコンサルタントは、企業の人事担当から直接情報を。

大手A社の場合
【×】企業担当と求職者担当が別々。【×】企業の求める人物像や生の声を伝えきれない。
アデコの場合
【○】企業担当と求職者担当が一緒。【○】企業の人事担当と直接やり取りするため、受かるポイントを伝えることができる。

アデコのコンサルタントは、親身に相談・手厚いサポート。

大手A社の場合
【×】多くの求職者を1人で担当するため、サポートが弱い。【×】案内される企業を機械的に選択されるため、判断が難しい。
アデコの場合
【○】少数の求職者を担当するため手厚いサポートを実現。【○】親身に相談にのり、あなたに合ったキャリア・企業をご案内。

無料登録はこちら

アデコは丁寧にカウンセリングをし、内定までお付き合いします。

アデコのコンサルタントがこれまでのご経験、今後のご希望を親身に伺い、
マッチした企業を提案いたします。

登録から内定までのイメージ
Step1登録 Step2電話インタビュー(現在の状況確認) Step3コンサルタント 面談求人の紹介 Step4応募企業の選定レジュメ 作成アドバイス Step5応募意志確認〜企業への推薦 Step6選考・面接(面接対策・日程調整) Step7内定〜入社(年収交渉・入社日調整)

無料登録はこちら

転職エージェント アデコについて。

世界60の国と地域に5,000拠点を展開。人財サービスのグローバルリーダーとして、10万を超える企業の飛躍を支えています。

これまで積み重ねてきた雇用や労働市場に関する知見を生かして、約10万の取引企業と65万人を超える
人財のニーズを的確に捉え、日々、人と企業、人と仕事のベストマッチングの実現に努めています。
グローバルで培い、磨いてきた人財サービスの枠を越えるマネジメント力やコンサルテーション力で
企業の飛躍を支えていく。それが私たちの存在価値です。

Asian region 中国やインド、シンガポールをはじめ、アジア各地に広がる500拠点のネットワークを生かして、海外の人財を求める企業やアジアへ進出する企業のニーズに応えています。

無料登録はこちら

  • mixiチェック