海外営業の求人特集 語学力を生かし、グローバル環境で働く

現在、日本企業の多くはグローバル事業の強化を図り、海外に市場を拡大させています。
国内市場が縮小する一方、アジアなどを中心に経済成長を続ける海外市場の需要が高まっているからです。
その国際的なビジネス展開に欠かせないポジションが「海外営業」です。

海外の市場を開拓し、新たな顧客をつくりだす重要な役割となり、多くの企業が語学に堪能な人材を求めています。
語学を活かしたい方、国際的なスキルを身につけたい方はこのタイミングが転職するチャンスです。

海外営業とは

海外営業とは、海外企業や団体などの市場を開拓し、自社製品などの営業活動を行うことをいいます。 勤務形態は国内勤務と海外駐在の大きく2つに分かれますが、企業によって海外出張を中心にしている企業など、その形態はさまざまです。 仕事の内容も海外企業のみではなく、日本企業の海外法人を相手にする場合や、海外に拠点をおく自社の代理店のサポートなど、企業によって活動内容はさまざまです。

また、仕事を進めていくうえで欠かせないのが語学力です。特に英語は必須といっていいでしょう。 海外企業とのコミュニケーションのほとんどが英語となるため、求められるレベルも高いものになります。特に英語を含めた複数の外国語を話せる方や、海外に滞在経験がある方、文化の知識・理解がある方は多くの企業が求めています。

国内企業の海外売上高と地域別シェア

右肩上がりに成長を続ける海外市場

右のグラフは国内企業の海外売上高の推移を示したものです。2008年の世界金融不安を除き、2004年以降右肩上がりの成長を続け、市場が拡大していることがわかります。

この成長の要因と言えるのが、中国やインドなどの新興国の経済発展。中間層・富裕層と呼ばれる層が増加したことで、消費の拡大が急速に進んでいることが背景にあります。

これまでメーカー系の工場など、生産コストを抑えることを目的にした企業が多かった海外拠点も、消費拡大を背景に、製造業から非製造業にビジネスの領域を広げています。事業拡大に向け、大手から中小まで多くの国内企業が販路を見いだし、グローバル化をすすめています。


アメリカに並ぶBRICs経済圏

右の折れ線グラフは、国内企業の地域別で見た海外売上高の割合を示したものです。
国内企業における海外の売上高の割合はアメリカが他の国々を大きく上回っていましたが、近年、BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)と呼ばれる新興国がアメリカに並ぶ勢いで成長しているのがわかります。 BRICsの特徴は国土面積や人口規模の大きさ、豊富な天然資源を抱え、各国それぞれが特徴を活かした政策のもと経済成長を進めています。
これを背景に国内企業の多くが先進国からBRICsをはじめとした新興国への進出を図っています。

アデコではこのようなグローバル化を進める企業の求人を多数ご用意しています。 グローバル環境で自身のスキルに磨きをかけたい方、語学を活かした仕事をしたい方、ぜひ一度アデコにご相談ください。


海外営業のオススメ求人情報

勤務地から探す

業種から探す

転職ノウハウ

立山科学工業株式会社

電子部品・精密機器のグローバル企業
立山科学工業(株)で海外営業職を募集


豊田通商株式会社

トヨタグループの総合商社 豊田通商(株)
事業拡大のため海外営業職を募集


アイリスオーヤマ株式会社

生活用品の総合メーカー アイリスオーヤマ(株)
マーケット拡大のため海外営業職を募集


海外営業の転職をお考えなら、
アデコの転職支援サービスをご利用ください

アデコは、転職をお考えの方々をサポートするために、 求人情報や市場動向の提供・選考書類の添削・面接対策まで、さまざまな支援体制を整えています。転職をお考えの際は、ぜひアデコの転職支援サービスをご利用ください。

アデコに登録:新しくウィンドウが立ち上がります


総合人材サービス企業ならではの豊富な実績
大手商社・メーカーを中心に紹介実績が豊富にあります。
レジュメの作成指導や面接対策など、サポートが充実
企業のニーズや募集背景などに合わせて的確にサポートします。
コンサルタントによるキャリア形成指導
業界に精通したコンサルタントが、今後のキャリアプランを一緒に考えます。